SETAGAYA ARTS NAVIGATION せたがやアーツナビメニューを飛ばしてコンテンツへ
公益財団法人 せたがや文化財団

ホームせたがや文化財団とは事業紹介アートルポ広報・メディア
ホーム > 2017年10月24日のカレンダー
バリアフリーについて
アーツカード
寄付行為

2017年10月24日のカレンダー

穴アーカイブ:an-archive  世田谷の8ミリフィルムにさぐる<br>10月21日(土)〜11月5日(日)  生活工房

穴アーカイブ:an-archive 世田谷の8ミリフィルムにさぐる
10月21日(土)〜11月5日(日)  生活工房

昭和44年頃の東急玉川線(玉電)

9:00〜20:00 会期中無休 入場無料

市井の人々が記録した、昭和の世田谷ー。
家庭に眠る8ミリフィルムの収集活動を2年余り経て、デジタル化した約80点の映像をすべて紹介します。誰かの記録が、ほかの誰かの記憶になるー 。暮らしとアーカイブの関わりについて考える展覧会です。

更新:2017.10.01

<div class=onaga>オナガ</div>澁澤龍彦 ドラコニアの地平<br>10月7日(土)〜12月17日(日)  世田谷文学館

オナガ
澁澤龍彦 ドラコニアの地平
10月7日(土)〜12月17日(日)  世田谷文学館

自宅応接室の凸面鏡に映る澁澤 1976年

フランス文学者であると同時に、翻訳、評論、エッセイ、小説など多彩な執筆活動を展開した澁澤龍彦(しぶさわ・たつひこ 1928-1987)。没後30年を迎える本展では、綺想の作家の創作と足跡をあらたな視点から総覧します。

料金:一般800(640)円 65歳以上、高校・大学生600(480)円 中学生300(240)円

※障害者割引あり
※()内はアーツカード割引料金および20名以上の団体料金

来館サポートについてはこちらをご覧ください


更新:2017.09.01

<div class=onaga>オナガ</div>宮本三郎の顔・貌(かお)FACES in Saburo Miyamoto’sArt<br>8月5日(土)〜12月3日(日)  宮本三郎記念美術館

オナガ
宮本三郎の顔・貌(かお)FACES in Saburo Miyamoto’sArt
8月5日(土)〜12月3日(日)  宮本三郎記念美術館

《(鏡の前の婦人像)》1945年-1948年頃

宮本三郎が描いた「顔」に注目し、素描作品もまじえて展示します。

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一般200円(160)円 65歳以上、小・中学生100(80)円 高校・大学生150(120)円 ほか
※障害者割引あり
※()内はせたがやアーツカード割引および20名以上の団体料金 
◎小・中学生は、土、日、祝・休日の観覧料は無料

更新:2017.07.20

<div class=onaga>オナガ</div>清川泰次 季節の情景<br>8月5日(土)〜12月3日(日)  清川泰次記念ギャラリー

オナガ
清川泰次 季節の情景
8月5日(土)〜12月3日(日)  清川泰次記念ギャラリー

《早春-56》1956年

清川泰次が1950年に制作した絵画作品を中心に、季節を主題とした油彩画の数々をご紹介します。色彩豊かな色面といくつもの線により表現された、清川泰次による季節の情景をご覧ください。

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一般200円(160)円 65歳以上、小・中学生100(80)円 高校・大学生150(120)円 ほか
※障害者割引あり
※()内はせたがやアーツカード割引および20名以上の団体料金 
◎小・中学生は、土、日、祝・休日の観覧料は無料


更新:2017.07.20

<div class=onaga>オナガ</div>向井潤吉1960’s 民家遍歴<br>8月5日(土)〜12月3日(日)  向井潤吉アトリエ館

オナガ
向井潤吉1960’s 民家遍歴
8月5日(土)〜12月3日(日)  向井潤吉アトリエ館

《聚楽》[山形県東田川郡朝日町麦俣]
1966年

1950年から1960年にかけて、向井潤吉は民家を描くことに対する意思をかため、精力的に日本各地を巡りました。フランスを再訪して出会った西洋の建物や風景も含め、向井が描いた様々な作品をご紹介します。

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一般200円(160)円 65歳以上、小・中学生100(80)円 高校・大学生150(120)円 ほか
※障害者割引あり
※()内はせたがやアーツカード割引および20名以上の団体料金 
◎小・中学生は、土、日、祝・休日の観覧料は無料

更新:2017.07.20