SETAGAYA ARTS NAVIGATION せたがやアーツナビメニューを飛ばしてコンテンツへ
公益財団法人 せたがや文化財団

ホームせたがや文化財団とは事業紹介アートルポ広報・メディア

財団活動リポート

写真

第5回 世田谷区芸術アワード”飛翔”受賞者決定

今回は5部門に総数43件の応募があり、一次審査、本審査を経て生活デザイン部門、舞台芸術部門、美術部門で以下の方々の受賞が決定しました。
いずれも20代〜30代のフレッシュで将来有望な方々です。

2017年度(平成29年度)の作品発表に向け、(公財)せたがや文化財団と世田谷区が創作活動を支援していきます。


【生活デザイン部門】

吉川 美鈴+川上 恭輔(よしかわ みすず + かわかみ きょうすけ)

代表者:吉川 美鈴(よしかわ みすず)。
mxa(えむのえ)一級建築士事務所代表。世田谷区に事務所をかまえ、
住宅や店舗、事務所など幅広く従事。
川上 恭輔とともに、建築設計のほか、まちづくりやワークショップなどの
企画や運営を行う。


【舞台芸術部門】

to R mansion(トゥーアール マンション)

代表者:野崎 夏世(のざき かよ)。現在世界14カ国76都市から招聘され、演劇祭やストリートフェスティバル、学校文化鑑賞会など、対象や場所に合わせた作品を創作し、上演している。



【美術部門】

青木 亨平(あおき きょうへい)

東京藝術大学大学院美術研究科修士課程工芸専攻修了。
在学中よりグループ展に参加し、作品を発表する。



【美術部門】

古田 和子(ふるた かずこ)

東北芸術工科大学大学院日本画領域修了。在学中より個展を開催し、さらに地域と連携したアート・プロジェクトやグループ展に参加する。



【文学部門】【音楽部門】 該当者なし

詳細はこちら
第5回 世田谷区芸術アワード”飛翔”受賞者決定

トピックス

お知らせ

情報ガイド毎月25日発行 エリック・カール展
世田谷美術館
5月25日号(vol.193)
SETAGAYA ARTS PRESS年3回発行 (2017年4月28日発行)
世田谷パブリックシアター開場20周年を迎えて
せたがやアーツプレス10号

アートの輪
教育普及活動
世田谷区芸術アワード飛翔