SETAGAYA ARTS NAVIGATION せたがやアーツナビメニューを飛ばしてコンテンツへ
公益財団法人 せたがや文化財団

ホームせたがや文化財団とは事業紹介アートルポ広報・メディア
ホーム > 2017年04月07日のカレンダー
バリアフリーについて
アーツカード
寄付行為

2017年04月07日のカレンダー

<div class=onaga>オナガ</div>宮本三郎の描く身体 THE BODY in Saburo Miyamoto’sArt<br>4月1日(土)〜7月23日(日)  宮本三郎記念美術館

オナガ
宮本三郎の描く身体 THE BODY in Saburo Miyamoto’sArt
4月1日(土)〜7月23日(日)  宮本三郎記念美術館

《裸婦》1962年

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一般200円(160)円 65歳以上、小・中学生100(80)円 高校・大学生150(120)円 ほか
※障害者割引あり
※()内はせたがやアーツカード割引および20名以上の団体料金 
◎小・中学生は、土、日、祝・休日の観覧料は無料

更新:2017.03.20

<div class=onaga>オナガ</div>清川泰次が写したパリ<br>4月1日(土)〜7月23日(日)  清川泰次記念ギャラリー

オナガ
清川泰次が写したパリ
4月1日(土)〜7月23日(日)  清川泰次記念ギャラリー

清川泰次撮影〈パリにて〉 1954年

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一般200円(160)円 65歳以上、小・中学生100(80)円 高校・大学生150(120)円 ほか
※障害者割引あり
※()内はせたがやアーツカード割引および20名以上の団体料金 
◎小・中学生は、土、日、祝・休日の観覧料は無料

更新:2017.03.20

オナガ
向井潤吉1910’s-1950’s 民家への旅
4月1日(土)〜7月23日(日)  向井潤吉アトリエ館

《春泥の道》[北海道留萌]1951年

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一般200円(160)円 65歳以上、小・中学生100(80)円 高校・大学生150(120)円 ほか
※障害者割引あり
※()内はせたがやアーツカード割引および20名以上の団体料金 
◎小・中学生は、土、日、祝・休日の観覧料は無料

更新:2017.03.20

<div class=onaga>オナガ</div>世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演 <br>狂言『唐人相撲』/『MANSAIボレロ』<br>4月5日(水)〜9日(日)  世田谷パブリックシアター  

オナガ
世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演
狂言『唐人相撲』/『MANSAIボレロ』
4月5日(水)〜9日(日)  世田谷パブリックシアター  

撮影:政川慎治

芸術監督・野村萬斎がおくる日本の舞台芸術の「古典―近代―現代」を繋ぐ魅力あふれるプログラム!

4/5(水)トーク&パフォーマンス『MANSAIボレロ』
出演: 野村萬斎 ほか  ※ゲストは後日発表します

4/7(金)〜4/9(日)「狂言『唐人相撲』/『MANSAIボレロ』」
出演:野村万作 野村萬斎 石田幸雄 深田博治 高野和憲 月崎晴夫 ほか「万作の会」
『唐人相撲』唐人公募出演者

●『唐人相撲』 出演者募集 詳細はこちら
『唐人相撲』の出演者を公募いたします。狂言の演者として稽古を行い、野村万作、野村萬斎ほか「万作の会」の狂言師の皆さんと共に、世田谷パブリックシアターの能舞台で本番に臨むという特別な体験です。みなさまのご応募をお待ちしております。 

●4/5(水)は招待公演 詳細はせたがや文化スポーツ情報ガイド2月号をご覧ください

料金:S席(1階席・2階席)  A席(3階席)
アーツカード割引S席6,200円  一般S席6,500円 A席4,000円 高校生以下S席3,250円 A席2,000円 ほか

観劇サポートについてはこちらをご覧ください

更新:2017.02.16

<div class=onaga>オナガ</div>花森安治の仕事 ーデザインする手、編集長の眼<br>2月11日(土・祝)〜4月9日(日)  世田谷美術館

オナガ
花森安治の仕事 ーデザインする手、編集長の眼
2月11日(土・祝)〜4月9日(日)  世田谷美術館

 花森安治
《『暮しの手帖』2世紀21号表紙原画 》
 1972年 世田谷美術館蔵

戦後日本の出版界でひときわ異彩を放った家庭雑誌『暮しの手帖』。1948年の創刊から1978年まで、3年にもわたって編集長をつとめながら、装幀家、イラストレーター、コピーライター、ジャーナリストなど、多彩な活躍をしたのが花森安治(1911ー1978年)です。
本展では花森が戦後日本の社会に問いかけた「美しい暮らし」を、彼のデザインや編集術から探ります。

観覧料:一般1,000(800)円、65歳以上、高校・大学生800(600)円、小・中学生500(300)円
※()内はアーツカード割引料金および20名以上の団体料金
※リピーター割引(会期中):本展有料チケット半券のご提示で2回目以降の観覧料が団体料金になります
※障害者手帳をお持ちの方は500円(300円)介添え者(1名まで)は無料
※障害者手帳をお持ちの方で大学生以下は無料

世田谷美術館のバリアフリー情報についてはこちらをご覧ください。


更新:2017.02.02